2016年04月29日 更新
「物件概要」関連の最新Q&A、口コミを取得してご利用ください。

取得対象: 「はてな人力検索」、「教えて!goo」、「Yahoo!知恵袋」、「OKWave」、「livedoorナレッジ」

物件概要
をクリック・・・その記事と関連のあるQ&Aを一覧表示できます。

土地の売出価格の見方について教えてください。 親の相続でまとまったお金が入りましたので、土地を購入してそこにマイホームを建てようと思っています。 現在、土地を探している所ですが、人気のある駅の近くで40~50坪前後、前の道路幅が6メートル以上ある物件を中心にネットで探しています。 土地の相場については、地価公示や路線価(0.76で割って逆算)から簡便的に計算しています。 物件をいろいろと見ていて思ったのは、売出価格が私の計算した相場価格よりも異常に高い物件が多いということです。 例えば、ある物件は私の計算した相場価格は約5,000万円ですが、売出価格は7,500万円になっています。 <物件概要> ・土地面積:約150㎡ ・主要駅から徒歩6分 ・前の道路の幅6m ・第1種中高層住居専用地域 ・きれいな長方形状の更地 売出価格はあくまで売却する人の希望価格であり、実際の取引価格は少し下がる傾向とのことですが、どの物件も異常に高くて何を基準にすればいいのか分からず、困っています。 私が使っている相場の計算方法はネットでよく書かれている方法ですが、この計算結果から条件によってはプラス査定とかあるものでしょうか? 例)相場の計算結果+土地の形状等の好条件でプラス査定+売主の上乗せ=売出価格

あなたが使っている相場の計算方法は取引事例の少ない、 田舎の住宅地でしか通用しません。 都心に近ければ近いほど(流動性が高いほど)公的指標と実勢価格の乖離は大きくなります。 都心の不動産屋は価格の査定をする際、取引事例比較法といって、 実際に取引された事例を基にします。公的指標は参考程度にしか見ません。 それでも、少しでも公的な指標を参考にしたい、という場合は 国土交通省が不動産取引価格情報をネットで公開しています。 http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet ...


1.取引物件である建物が工事完了前のものであったので完了時の形状・構造については説明したが、当該物件の引渡しの時期については説明しなかった。 →違反しません。 35条書面の説明では、当該物件の引渡しの時期についての説明は不要です。(ちなみに、37条書面の記載事項にはなります) 2.下水道が未整備であったので、その旨及び整備の見通しについては説明したが、その整備についての特別の負担に関する事項までは説明しなかった。 →違反する 「特別の負担に関する事項」の説明も必要です。 3.用途地域内における建築物の用途制限に関する事項の概要については説明したが、私道に関する事項については説明しなかった。 →違反する 建築物の用途制限のみならず、私道に関する負担に関する事項の説明も必要です。 4.契約の解除に関する事項については、特に定めをしなかったので、解除方法について説明しなかった。 →違反する 解除について特に定めがあっても・なくても、解除に関する事項については説明が必要です。 以上から、正解は「1」です。 参照 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10155306745 ...

中古物件購入で大変悩んでいます。不動産にお詳しい方、どうぞよろしくお願いします。 現在、購入予定の中古物件のある場所は平成16年に最低敷地面積が70平米となっています。 今回の中古物 件は、平成16年以前に建てられたものではありますが、そのときは大きい土地に三棟建ってました。(土地の持ち主は一名で借地権でした。) その後、平成16年以降ですが現在 私たちが購入希望の中古物件に住んでいらっしゃる売主様が一棟の土地を買い上げました。(分筆?) その際には71平米で分筆しました。 しかし、この土地は(現在は中古物件が建っており、リフォームする予定ですが後々 土地を売ることになった場合)、再建築する際には角地なのですみきりがされ、さらにセットバックも含めると8.7ほどとられてしまい、62平米となってしまいます。 それを分筆とみなされる可能性が生じたと言われ、再建築不可になる可能性もあると言われました。 しかし、平成16年以前にすでに物件は建っており(平成16年に以前に建物が建っていた土地に対しては最低敷地面積は適用されないので)、そのときは63.7ではありますが建っていたことが証明されればよいので、それは当初の建築概要証明書で証明することはできます。 しかし、やはりすみきりとセットバックで63.7のそのときの物件の証明よりもさらに小さく62くらいとなるとやはりそこで分筆が行われたととられる可能性があるとのことです。 それを役所と話してきたのですが、今回のご担当の方は まぁレアケースですがほぼほぼ大丈夫でしょう。平成16年以前の証明もあるので、という答えをいただきましたが、 正式な答えをもらうには建築申請するしかありません。 ただ、今現在はこの中古物件をリフォームで住むつもりなので、建築申請はとりません。 しかし、20年後なり売ることになったときに、この土地は再建築不可ですよ、なんてなったらたまりません。 役所の方も不動産のご担当者もほぼほぼ大丈夫でしょうと仰っていますが、お詳しい方 見解 またはアドバイスをお聞かせください。どうぞよろしくお願いします。

違反建物ではなく、いわゆる既存不適格だと思われます。 基本的には新たに確認申請を行う場合、最低敷地の規定があれば、 その規定をクリアしてないと許可されません。 質問者さんの「セットバック」が建築基準法に基づくものであれば、 私有地であっても敷地面積に算入出来ませんので、 将来建てられない可能性があります。 ただ、おそらく最低敷地の規定が設けられる際に、その条件を満たさない既存住宅はたくさんあったでしょうから、何らかの救済規定はあると思われます。 役所の担当者が配置換えなどで無知なのでは? きちんと文書(条例)などであるはずです。 ...


床下、土台の腐食。白蟻被害。 防腐剤は塗布されているのか。 床の傾斜、建具や箪笥と柱の隙間、傾いていないか。 あとは、屋根下地処理、壁の内部処理等見えない部分が重要でしょうね。 窓の上に排気ダクトが有ったりと、通常では考えられない工事をして有ったりします。 貴方自身が知識をつける。 チェックシートを持って確認をする。 ...


このレベルの時計は壊れたら通常は使い捨てする時計なので、あまり会社のことは考えなくて良いでしょう。実店舗のないアパートが本社の個人会社がマイナーな商品の輸入をしているのは良くある話です。 ただ、この時計、ムーブメント(なかの機械)が日本のシチズン系のミヨタ製なので品質としては他の使い捨て時計よりはかなり信用できると思いますよ。 よほどしっかりした時計会社でない限り、保証書なんてただの紙切れ。 私は数年前にDEVONという新興会社の面白い時計買いました。値段はなんと200万円。保証書ついており、日本にも輸入代理店ができたので故障の相談に行きましたが、うちでは対応できませんの一点張り。こんなもんですよ デザインが気に入り、値段の折り合いがつくなら買いましょう。 ...


分譲マンションの自転車置き場が物件概要より少ないのです。 物件概要には66台となってますが実際には40台も有りません。 物件概要には間違った表記をしてはいけないと聞いてます。 間... ...


先日賃貸物件の契約をしたのですが、その物件概要書?(不動産屋からFAXでもらった間取り図)には「大阪ガス」という表記がありました。 いざ、引越しの手続きを始め、ガス会社に連絡する... ...


物件概要に記載されてある「駅から徒歩○分」には決まり事なんかあるのでしょうか? (人それぞれ歩くスピードは違うわけだから・・ ・) ...


土地の物件概要を見ただけで建築できるマンションのイメージができたり、1部屋の販売価格の概算を計算したり出来る人、詳しく教えて下さいませんか? ...


プロパー融資について 『投資マンションを1棟買い』の夢があるのですが・・・ 1億円のプロパー融資は受けられる? 可能? 不可能? ・事業計画書など(収支書、管理委託手数料、維持管理費... ...